PR
PR

ひな人形、古い家並みに 江差・いにしえ街道で展示

 【江差】町内の商店や民家にひな人形を飾る催し「第9回江差・北前のひな語り」(実行委、江差町歴まち商店街協同組合主催)が8日、古い家並みを再現した「いにしえ街道」で始まった。

 いにしえ街道沿いの約50カ所に、ひな人形約150組を展示。町内や道内、遠くは岐阜県から寄贈されたひな人形が並んでいる。実行委の萩原徹委員長は「古いのは江戸時代に作られた人形もある。マチを歩きながら、いろいろな人形を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

残り:95文字/全文:310文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る