PR
PR

ミシュラン二つ星 天ぷら店が倶知安に 期間限定、日本食発信の催し

 【倶知安】日本の食を海外へ発信する初の催し「ガストロノミージャパン・イン・ニセコ」が町内ひらふ地区のジンジャーレストラン(山田195)で開かれている。道内の飲食店などの格付け本「ミシュランガイド北海道2017特別版」で二つ星を獲得した札幌の天ぷら店が期間限定で特別メニューを出している。

 ニセコ地域の宿泊施設でサービス事業を展開するIT企業「GOYOH(ゴヨー)」が企画し、同社の招きで札幌市中央区の「天ぷらあら木」がニセコ地域に初出店。道産素材を使い、外国人向けにたれを甘めにする工夫を凝らした天丼(3850円)を提供している。同店は3月に初の海外店舗としてシンガポールへの出店を計画中で、それに向けた市場調査も行う。

残り:120文字/全文:431文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る