PR
PR

ほっともっとは「独禁法違反」 苫小牧の店主、公取委に申告

[PR]

 弁当店チェーン「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡)から商品の値引きを強制されたり、広告費を過大に徴収されたりしたのは独禁法違反(優越的地位の乱用)だとして、苫小牧市のチェーン加盟店の経営者が5日、公正取引委員会に違反申告した。同社に値引きや徴収の中止を命じるよう求めた。

 申告したのは「ほっともっと苫小牧末広店」を経営する佐瀬幸恵さん(58)。申告書によると、佐瀬さんは2012年10月~19年12月にプレナスから、店側の負担で商品を値引きするよう指示され、約612万円を負担したという。また契約で店側に支払いが定められている広告・販売促進費とは別に、新聞の折り込みチラシや販促品などの費用約163万円を徴収されたとしている。佐瀬さんは値引きの中止や、返金を同社に求めたが拒まれ、契約解除などを予告されたとしている。

残り:103文字/全文:465文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る