PR
PR

JR芦別―富良野 架道橋事故から2カ月半ぶり運行

 【芦別】架道橋が事故で損傷した影響で昨年11月からバスによる代行運転を行っていたJR根室線芦別―富良野間は5日の始発から、2カ月半ぶりに列車の運転を再開した。

 午前5時49分滝川発東鹿越行きの始発列車が上芦別駅に到着すると、通学する高校生らを乗せて定刻の6時48分に出発した。同駅を利用して富良野緑峰高に通う小沢楓(かえで)さん(1年)は「代行バスは、列車よりも富良野到着までに少し時間がかかった。列車の運行が再開してほっとしました」と話していた。

残り:262文字/全文:521文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る