PR
PR

離婚後の「共同親権」 導入すべきか

 離婚後も父母双方が未成年の子どもの親権を持つ「共同親権」制度を巡る議論が本格化している。昨秋、片方の親権しか認めていない現行制度を違憲とする訴訟が東京地裁に起こされたほか、法務省と有識者などによる研究会も共同親権制度導入の可否を含めた検討を始めた。親権を巡る論点や課題について、憲法学者と、ひとり親の支援団体の代表に聞いた。(東京報道 田口博久)

■DVや養育費 解決が先 「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長・赤石千衣子さん
■強制は子どもに不利益 首都大学東京教授・木村草太さん

残り:2803文字/全文:3044文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る