PR
PR

ヒレンジャクとキレンジャク、そろって一休み 函館に飛来

 函館市内に冬鳥のヒレンジャクやキレンジャクが飛来した。例年だと数十羽程度の小さな群れを目撃することが多いが、今年は300羽以上の大群がナナカマドなどの餌を求めて空を舞っている。

 どちらもスズメ目レンジャク科の野鳥で、大きさは約18センチ。尾の先端が赤色の個体がヒレンジャクで、黄色の個体がキレンジャクと見分けることができる。主にロシア極東から冬鳥として飛来する。

残り:66文字/全文:282文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る