PR
PR

札幌は「環境に優しい街」 米認証制度LEEDで最高評価 国内自治体初

[PR]

 札幌市は24日、全国の自治体で初めて、環境に配慮した街や建物を評価する米国の認証制度「LEED(リード)」の最高評価に当たる「プラチナ」に認定されたと発表した。市民1人当たりの温室効果ガス排出量や生活用水の使用量の少なさから、環境に優しい街と評価された。

 LEEDは、米国の非営利団体「グリーンビルディング協会」が環境保全や環境に優しいまちづくりの推進を目的に1998年に開始。建築物、インテリアなど6部門のうち市は「都市」で昨年9月に登録申請し、今月21日に認定された。

残り:260文字/全文:497文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る