PR
PR

ソバに寒風 増す風味 新得で乾燥作業

 【新得】町内の新得そばの館(合田一昭社長)で、玄ソバを冷水に浸して乾燥させる「寒ざらし」作業が本格化した。

 ソバの風味を増す寒ざらしは今年で20年目。自社農園で収穫した新得産ボタンソバを袋に詰め、水温約5度の湧き水に3日間浸した後、寒風に1週間さらして乾燥させる。渋みや雑味が抜け、本来の風味が増すという。

残り:190文字/全文:344文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る