PR
PR

平岸に大型複合施設 自衛隊札幌病院跡地 住居と医療・商業エリア 24年完成目指す

 北海道財務局が入札にかけていた札幌市豊平区の自衛隊札幌病院の跡地約4・8ヘクタールの国有地を、長谷工不動産(東京)と積水化学工業(大阪)が共同で落札した。両社は住居と医療・商業エリアからなる大型複合施設を造る計画で、早ければ今春にも着工、2024年秋の完成を目指す。

 落札金額は近く締結する売買契約後に公表するが、数十億円とみられる。財務局に提出された計画によると、8階建て分譲マンション2棟(計228戸)と31区画の一戸建て住宅のほか、病院や複数の診療所からなる4階建ての建物に加えて、家電量販店、スーパーマーケット、飲食店などが入る商業エリアを設ける。

残り:161文字/全文:440文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る