PR
PR

香港民主化学生リーダー 周庭さん北大研究員に

 昨年6月から香港で続く反政府抗議活動に参加し、香港政府の圧政ぶりを日本メディアなどに訴えている周庭さん(23)は16日、北大公共政策大学院のフェロー(研究員)に就任したとツイッターで発表した。周さんは昨年8月、抗議活動を扇動したとして起訴され、公判中のため出境が認められていないが、同大学院は学生らに香港の実情を語ってもらうため、粘り強く渡航実現を待つ考えだ。

 周さんは2014年の香港の大規模民主化デモ「雨傘運動」の学生リーダーの一人。今は大学生で、民主派政治団体「香港衆志」に所属する。日本語が堪能で、取材や会員制交流サイト(SNS)などを通じて香港の反政府抗議活動の意義を伝え続けている。

残り:344文字/全文:642文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る