速報
PR
PR

まんべくんネットに復活 「失言」もうしません AIで内容制御 長万部の魅力発信

 【長万部】渡島管内長万部町の公式キャラクター「まんべくん」が、インターネットの世界で復活した。2011年8月、町公認のツイッターに投稿した日本の戦争責任発言が物議を醸し、町がツイッターを閉鎖。それから8年余り、ネット上での発言は自粛してきたが、まんべくんが人工知能(AI)で会話する町公認のインターネットサイトが開設され、再び長万部の魅力を発信し始めた。

 まんべくんは町特産の毛ガニなどを模したご当地キャラで、03年に誕生。札幌の広告代理店が10年10月、町公認でまんべくんのツイッターを始め、歯に衣(きぬ)着せぬ投稿が人気を集めた。しかし、終戦記念日前日の11年8月14日につぶやいた「日本の侵略戦争がすべてのはじまり」との内容に苦情が殺到し、町はネット上でのつぶやきを封印してきた。

残り:338文字/全文:682文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る