PR
PR

富良野「北海道中心標」 やっと国土地理院地図に 指摘した天池さん「見学者が増えれば」

 【中富良野】国土地理院地図に今冬、富良野市若松町にある記念碑「北海道中央経緯度観測標」と「北海道中心標」を示す地図記号が、新たに記載された。中富良野町北町で暮らす地図収集家の天池一宣さん(72)からの指摘を受けて、同院が対応した。天池さんは「地理院地図を元に作られる観光案内や郷土資料などのさまざまな地図に北海道中心標の碑の記号が載り、見学に来る人が少しでも増えてくれればうれしい」と期待している。

 測量専門学校で学び、町職員として建設や土地利用に携わっていた天池さんにとって、地図は仕事柄なじみ深い存在。古地図を収集して近年の地図と見比べるなど、地形や市街地の移り変わりを感じ取ることが退職前からの趣味になっていた。

残り:469文字/全文:779文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る