PR
PR

根室漁船、ロシアまた連行 歯舞群島沖 船上加工指摘受け

[PR]

 【根室】根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」(29トン、高橋章吾船長、6人乗り組み)が15日午後、北方領土歯舞群島沖を航行中、ロシア国境警備局の臨検を受け、さらに詳細な検査が必要として国後島古釜布に連行された。15日夜の時点で乗組員の健康状態に問題はないという。外務省はロシア側に事実関係の確認を求めるとともに、早期の解放を働きかけている。

 翔洋丸は、昨年12月に妥結した日本、ロシア双方の水域内での操業条件を決める日ロ漁業委員会(地先沖合交渉)を受け、今年1月から北方四島周辺のロシア主張200カイリ内でマダラ漁を行っていた。

残り:362文字/全文:671文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る