PR
PR

函館市消防手当不正受給 消防長が引責辞職へ

[PR]

 函館市消防本部の職員が2015~18年度に時間外手当を不正受給した問題で、同本部の近嵐伸幸消防長(59)が問題の責任を取るとして工藤寿樹函館市長に辞表を提出し、受理されたことが分かった。定年まで1年を残して3月末に辞職する。近嵐消防長は北海道新聞の取材に対し、「自分なりにけじめをつけたい」と述べた。

 近嵐消防長は昨年11月、管理監督責任者として指導措置の「訓告」を工藤市長から受けていたが、消防組織の混乱を招いた責任を取るとして同12月末までに辞表を提出、受理されていた。近嵐消防長は1980年に同本部入り。救急課長や北消防署長などを歴任し、18年から現職。

残り:101文字/全文:382文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る