PR
PR

「加森は村の顔」留寿都に衝撃 道内経済界に同情の声も

 贈賄罪で在宅起訴された加森観光(札幌)会長の加森公人被告(76)。同社はルスツリゾート(後志管内留寿都村)を北海道屈指の観光施設に育て上げ、道内観光業界をけん引してきた。留寿都村や道内経済界、道庁などに衝撃が走った。

 「加森観光は留寿都村の顔のような存在だ。在宅起訴されたことのショックは相当に大きい」。留寿都商工会の幹部は驚きを隠そうとしなかった。

残り:817文字/全文:993文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る