PR
PR

女子生徒にわいせつ、教諭そのまま不明 兵庫県教委が懲戒免職に

 兵庫県教育委員会は14日、公立中学校の部活動の合宿中に女子生徒にわいせつ行為をした上、無断欠勤を続けたとして、部活顧問の40代男性教諭を懲戒免職処分とした。教諭はわいせつ行為の後、行方をくらましており、女子生徒から被害届を受けた兵庫県警が強制わいせつ容疑で行方を追っている。

 県教委によると、男性教諭が顧問を務める公立中の部活は昨年11月9~10日、県内の宿泊施設で大会に向けた強化合宿を実施。教諭は9日夜に別の男性顧問と飲酒し、10日午前0時ごろ、複数の女子生徒が泊まる部屋に侵入して女子生徒1人にわいせつな行為をした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る