PR
PR

余った食材おいしく調理 函館の「チームゴラ」 「フードロス」考えるイベント

 函館市内の高校生や大学生らでつくるサークル「チーム ゴラ」が主催するサルベージ・パーティーが12日、市内弁天町の野口梅吉商店わらじ荘で開かれた。サークルメンバーや一般市民ら約20人が、余った食材や家庭で眠っている食材で作った昼食を食べ、「フードロス」について考えた。

 函館が直面する問題について解決策を考え行動につなげる「はこ○」企画の第2弾「はこ食」として開催。まだ食べられる食品が捨てられてしまう「フードロス」について知ろうと、サークルメンバーが10日から2泊3日で合宿し、それぞれの意見を発表したり、関連の動画を見たりした。

残り:240文字/全文:506文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る