PR
PR

IR汚職、秋元衆院議員を再逮捕 収賄容疑 加森観光会長を贈賄罪で在宅起訴

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、東京地検特捜部は14日、中国企業「500ドットコム」側から、350万円相当の利益供与を受けたとする収賄容疑で、IR担当の内閣府副大臣だった衆院議員秋元司容疑者(48)=自民党離党=を再逮捕した。また、特捜部は秋元容疑者が「500」社側から現金300万円を受け取り、留寿都村への家族旅行費約76万円の供与を受けたなどとして収賄罪で起訴。旅費の一部を負担したとして贈賄罪で札幌市の観光会社「加森観光」の加森公人代表取締役会長(76)を在宅起訴した。

 現職国会議員の起訴は10年ぶり。特捜部は14日、贈賄罪で同社の元副社長鄭希(37)、元顧問の紺野昌彦(48)と仲里勝憲(47)の3容疑者も起訴。また、秋元容疑者と共謀したとして収賄罪で豊嶋晃弘元政策秘書(41)を在宅起訴した。また別の贈賄容疑で紺野容疑者ら「500」社側の3人を再逮捕した。

残り:420文字/全文:822文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る