PR
PR

親子連れ、釣果競う 桂沢湖でワカサギ釣り解禁

 【三笠】市内の桂沢湖で11日、恒例のワカサギ釣りが解禁された。雪が降りしきる中、市内外の親子連れら約100人が早速、冬の風物詩を楽しんだ。

 釣り場を管理する三笠振興開発によると、解禁時期は例年並みで、氷の厚さは約15センチ。釣り客らは湖面にテントを張ったり、防寒具を着込んだりして、あらかじめ開いている30センチ四方の穴に釣り糸を垂らして当たりを待った。

残り:206文字/全文:384文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る