PR
PR

白石区体育館が8日休館 塗装から有毒化合物 シックハウスの恐れ

 札幌市は7日、白石区体育館で、床塗装工事を行った競技室(アリーナ)から毒性がある揮発性有機化合物が検出され、8日は同館を休館すると発表した。

 同市によると競技室では昨年12月23日~7日、利用を中止して床塗装工事が行われた。工事後の7日午後4時ごろに空気中の化学物質を測定したところ、市の指針を上回る揮発性有機化合物が検出された。

残り:84文字/全文:250文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る