PR
PR

煙に祈る無病息災 函館の神社で「どんど焼き」

 函館市内の神社で7日、しめ飾りや古くなったお守りなどをたき上げる「どんど焼き」が行われた。訪れた市民が新しい1年の無病息災を祈った。

 このうち湯川町2の湯倉神社では午前6時半から神事「古神札焼納祭(こしんさつしょうのうさい)」を行った後、火入れ。すでに仕事が始まっている市民も多く、早朝から正月飾りなどが入った袋を持参して次々に投げ入れる姿が目立った。

残り:167文字/全文:344文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る