PR
PR

連だこ、空高く 故梅谷さんしのび大会 函館・緑の島

 【函館】函館の創作たこ師として知られた元高校美術教諭、梅谷利治さん(故人)が作ったえとの連だこなどを揚げる恒例の「新春たこあげ大会」が4日、函館市大町の函館港緑の島で開かれ、親子らが新春の空に舞うたこに歓声を上げた。

 函館東高(現・市立函館高)で梅谷さんに学んだ中田嘉明さんが代表を務める函館のNPO法人「体験塾SUMOCCA(スモッカ)」の主催。同塾参加の小学生たちは、その日の午前に自作したたこを揚げたり、一般参加者に交じり干支の子(ね)にちなんだネズミや縁起が良いとされる竜の連だこなど揚げたりして、日本の正月遊びに触れた。

残り:150文字/全文:416文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る