PR
PR

ポケモンようかん発売 森町「七福堂」が8日 キャラクターをイメージ

 【森】町内の和菓子店「七福堂」(木下信代表)と町地域おこし協力隊が協力し、人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターのようかんセットを5カ月かけて開発した。ポケモンキャラクターの管理会社と道の包括連携協定に基づく商品で、この枠組みでの和菓子は初めて。8日から町内で発売する。

 ようかんは、道の「北海道だいすき発見隊」隊長に任命されたポケモン「アローラロコン」と副隊長の「ロコン」をイメージした、直径3センチ、高さ8・5センチの筒型のようかん2本の組み合わせ。同協力隊の山中治さん(34)がパッケージをデザインし、和のイメージを基調として、青と茶色の背景に、それぞれのキャラクターのシルエットをあしらった。

残り:412文字/全文:717文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る