PR
PR

最年少のイカマイスター誕生 函白百合中3年 「友人らに魅力伝えたい」

[PR]

 【函館】函館白百合学園中3年の中村仁美さん(15)が昨年11月17日に函館市内で行われた「第13回函館イカマイスター認定試験」(函館水産物マイスター養成協議会主催)に最年少で合格した。12月中旬に認定証を受け取った中村さんは「友人や周りの人にイカの魅力を伝えたい」と誇らしげだ。

 イカマイスター認定試験は2008年に1回目の試験が行われ、以降毎年開催している。受験には同協議会が開く養成講習会への参加が必要で、大学教授らによる座学や、専門家が教える解剖、調理の実技を受ける。これまでに延べ870人が試験に挑み、776人が合格した。

残り:381文字/全文:647文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る