PR
PR

恵山観光回復へ地道なPR奏功 体動かして温泉 アウトドア愛好家に人気 函館

 函館市恵山地区の恵山道立自然公園を訪れる観光客が徐々に増えている。昨年度は全域停電(ブラックアウト)などの影響で減少したものの、本年度は再び増加に転じそうだ。市恵山支所がレンタカー店や登山用品店などを回って恵山の見どころを紹介するパンフレットを配るなど、地道なPR活動が実を結んだとみられ、同支所は「道内外の人に恵山を知ってもらえるよう、広報活動を継続していきたい」としている。

 市恵山支所は2017年度から、道南や札幌、東京で、同公園の広報活動を本格化。道南では、支所の職員がJR函館駅や同新函館北斗駅、函館空港周辺にある50店以上のレンタカーやレンタルバイク店などを訪ね、高山植物や周辺施設などを紹介するパンフを配って、恵山名物のツツジの開花状況を説明するなどしてきた。

残り:401文字/全文:739文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る