PR
PR

道東イワシ、脂トロ並み 価格上昇やブランド化期待 釧路水試調査

 【釧路】道東沖で漁獲されたマイワシの脂肪率が国内標準を大きく上回るとの調査結果を、道立総合研究機構釧路水試(釧路水試)がまとめた。漁最盛期の10月の脂肪率は高級魚クロマグロのトロにも匹敵する水準だった。道東沖でのマイワシ漁は水揚げ量が上向いているが、価格が安く、同水試は「脂乗りの良さをアピールし、魚価向上につなげてもらいたい」と期待する。

 調査は2017年の6月上旬から10月下旬にかけて計7回実施。釧路港と厚岸漁港(釧路管内厚岸町)で水揚げされたマイワシを対象に、1回に12匹の脂肪率を測定し、平均値を出した。測定には魚体に弱い電流を流す魚用の体脂肪計を使った。

残り:519文字/全文:803文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る