PR
PR

焼き肉のまち 熱くスクラム ホルモンの北見・羊の飯田(長野)・みそだれ鶏の松阪(三重) 情報発信で連携、五輪前にイベントへ

 【北見】人口当たりの焼き肉店の数が全国有数の北見市と長野県飯田市、三重県松阪市の3市が、今年春にも「焼肉食文化のまち連合」(仮称)を結成し、3市の焼き肉を一堂に味わえるイベントを持ち回りで開くことで一致した。第1回は飯田市を会場に、7月の東京五輪の開幕前に開く予定。情報発信で連携し、互いの焼き肉文化を盛り上げる。

 焼き肉は一般的に牛カルビや牛ロースがよく食べられるが、北見では豚ホルモン、牛サガリなど内臓部位が主力で、タマネギなどを使ったたれにつけて食べる。飯田では牛肉だけではなく羊肉も親しまれ、松阪牛で有名な松阪ではみそだれで食べる鶏肉も人気がある。

残り:329文字/全文:608文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る