PR
PR

札沼線 最後の「エキアカリ」 廃止区間5駅で2月1日 列車に合わせキャンドル点灯

 【当別】今年5月に廃止されるJR札沼線北海道医療大学(当別町)―新十津川(空知管内新十津川町)区間の5駅をアイスキャンドルで照らす催し「エキアカリ」が2月1日に開かれる。沿線自治体の地域おこし協力隊や鉄道ファンらでつくる「思い出お~い札沼線実行委員会」(金奨一朗委員長)の主催で、関係者は「最後のエキアカリの記念に、写真を撮りに来てほしい」とPRしている。

 エキアカリは2012~18年に新十津川駅のみで開かれていたが、地域おこし協力隊らの協力で、昨年2月に石狩金沢(当別町)、豊ケ岡(空知管内月形町)、浦臼(空知管内浦臼町)、新十津川の沿線4町4駅で開催。計約500個のアイスキャンドルが各駅に飾り付けられた。

残り:330文字/全文:637文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る