PR
PR

「秘境」糠南駅でメリクリ! パーティーに全国から80人

 【幌延】人里離れた「秘境駅」として知られるJR宗谷線の糠南駅(宗谷管内幌延町)で22日早朝、鉄道愛好家らが恒例のクリスマスパーティーを開いた。5回目の今年は道内をはじめ東京、愛知、神戸、福岡など全国各地から昨年を約20人上回る過去最多の約80人が集まり、雪が降るなか、寒さに震えながら鉄道談議に花を咲かせた。

 糠南駅は、鉄道愛好家に人気のサイト「秘境駅へ行こう!」の2019年度版全国ランキングで9位の無人駅。クリスマスパーティーは、JR北海道の無人駅廃止方針に危機感を抱いた秘境駅の愛好家らが、駅の魅力をPRするため15年に始めた。

 参加者は午前6時50分ごろ、5駅離れた幌延駅から普通列車で到着し、パーティーを開始。待合室代わりになっている家庭用物置の前にツリーを飾って記念撮影したり、持ち寄ったケーキを食べたりしながら約3時間滞在し、同10時すぎの普通列車に乗って幌延駅に戻った。

残り:53文字/全文:482文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る