PR
PR

【道スポ】近藤 イメチェン黄色いグラブ 来年は「ド派手に」 今季は黒色や紺色を使用

 日本ハムの近藤健介外野手(26)が13日、札幌市内の室内練習場で汗を流した。キャッチボールには来季、新たに使用を検討している黄色のグラブを使った。

 今季は黒色や紺色といったグラブを主に使用していたが、「来年は黄色でいきます。ド派手に」とイメチェンすることを明かした。

 来季へのテーマは「新」としている。今季は最高出塁率のタイトルを獲得したものの、チームが苦しかった8月に個人成績が下降。技術面を含めた変化の必要性を感じたといい、「新しいものにトライしていきたい。新しい近藤健介を見せられたら」と話した。新たな商売道具の選定もその一環。さまざまな面において、変化を求めていく。<道新スポーツ12月14日掲載>

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る