PR
PR

道内7空港民営化に融資額3600億円 国内最大級

[PR]

 2020年度に始まる道内7空港民営化で、運営を担う「北海道エアポート」(千歳)が道内外の金融機関から受ける協調融資の総額が約3600億円で固まった。道内全20信金を含め、46の金融機関が参加する。事業で生じた利益で借り入れを返済するプロジェクトファイナンスとしては国内最大規模になる。

 返済期限は30年。年内に正式契約を結び、来年1月中にも1回目の融資が行われる。参加するのは、メガバンクは、みずほ、三井住友、三菱UFJ銀行。地方銀行は北洋銀行、北海道銀行、北陸銀行。北洋、道銀とも3百数十億円ずつ融資する。信金は、空港所在地以外を本拠地とするところも含め、全信金が10億~35億円ずつ融資する。

残り:432文字/全文:765文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る