PR
PR

ニセコ 宿泊税1年先延ばし 「定額制」採用の方針

[PR]

 【ニセコ】後志管内ニセコ町は10日、法定外目的税「宿泊税」について、1人1泊当たり一定額を宿泊客から徴収する定額制を原則採用する方針を固めた。コンドミニアムの1室貸しなどについては定率制の併用も含め今後検討する。導入時期は2022年6月と当初より1年先延ばしする。

 本年度中の条例制定を目指したが、税の具体的な使い道の検討や、道が検討中の観光振興税(宿泊税)との調整に時間が必要と判断した。条例は20年度中制定を目指す。

残り:180文字/全文:391文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る