PR
PR

地元の負担は利用促進のみ JR問題で鈴木知事

[PR]

 JR北海道の路線見直しを巡り、鈴木直道知事は10日の道議会予算特別委員会で「利用促進以外で地域に負担を求めることは受け入れられない」と述べ、道や市町村がJRの赤字補填(ほてん)や施設更新に財政支援すべきでないとの認識を示した。

 知事が地元負担について考えを示すのは初めて。道は年度末までに持続的な鉄道網確立に関する国への提言をまとめる予定で、同様の考え方を盛り込む見通しだ。知事は「国が中心となり支援策を講じるよう強く求める」と強調した。

残り:111文字/全文:363文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る