速報
PR
PR

奥尻の魅力、可能性探る市民参加型講座「まちdeゼミナール」 15日、シエスタハコダテ ゲスト招き語り合い

 「もっと知りたい奥尻:ブナの森が育む豊かな水とワインの話」と題して、市民参加型講座「まちdeゼミナール」が15日午後2時から、シエスタハコダテ内(函館市本町24)の函館コミュニティプラザGスクエアで開かれる。9回目となる今回は奥尻からゲストを招き、魅力や課題、可能性について語り合う。

 まちづくり、まちおこしに興味のある人たちが語り合う同ゼミナールは、はこだて未来大社会連携センター長の田柳恵美子教授らが中心となって企画。ゲストの話を聞く受け身の講座ではなく、参加者同士が自分の意見を出し合うことで、新たな動きにつなげていくのが狙い。「函館では何をやっても60代が中心。40代以下の若い人たちのコミュニティーが分散しており、こういった活動でどれくらい集まるか」という思いもあったという。

残り:622文字/全文:966文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る