PR
PR

道内気温上昇 えりも町襟裳岬で11・1度、11月上旬並み

 道内は10日、南から暖かい空気が入り込んだ影響で、朝から気温が上がった。午前11時までの最高気温は、日高管内えりも町襟裳岬で11月上旬並みの11・1度を記録するなど、173観測地点のうち172地点で前日の最高気温を最大11・6度上回った。札幌管区気象台は、屋根からの落雪や雪崩などに注意を呼びかけている。

 午前11時までの最高気温はオホーツク管内美幌町で11・0度、渡島管内松前町で10・4度など。札幌市は、前日の最高気温を5・4度上回る7・9度を記録した。

 札幌の中心部では昼前に日が差し、春のような陽気に。思わぬ暖かさに市民や観光客らが上着を脱いで歩く姿が見られた。

 気象台によると、10日午後から11日にかけても気温の高い状態が続く。12日午後から13日午前にかけて一時的に寒気が入り込むものの、14日から再び暖かくなる見通し。(川崎学)

全文:373文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る