PR
PR

安全取り組み点検へ有識者委 JR北海道1月設立

[PR]

 JR北海道は9日、社外の有識者に鉄道の安全に関する取り組みを点検してもらう「安全アドバイザー会議」を来年1月27日に設立すると発表した。本年度から実施している5カ年計画「安全計画2023」が着実に行われるように、有識者の助言や指導を業務に反映する。

 メンバーは、土木工学などに詳しい高野伸栄北大公共政策学連携研究部教授、保線などに詳しい上浦正樹北海学園大名誉教授、3次元の情報処理などを専門とする伊達宏昭北大大学院情報科学研究院准教授の3人。安全計画の期間中、年1~3回ほど開催する予定。

残り:55文字/全文:336文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る