PR
PR

甲子園経験踏まえ投球数制限を語る 日ハム・鶴岡捕手ら講演 八雲

 【八雲】プロ野球北海道日本ハムの鶴岡慎也バッテリーコーチ兼捕手による講演会が8日、はぴあ八雲で開かれた。高校野球で来春導入される投手の投球数制限について、「週500球以内が妥当かどうかを含め、若い選手たちのため、野球界が責任を持って考えていくべき問題」と訴えた。

 野球選手の肩や肘の障害をテーマに八雲総合病院が主催し、球団のチームドクターを務める整形外科の横田正司医長が進行した。

残り:351文字/全文:542文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る