PR
PR

函館「千切りビストロ昆布」ビーガン認証 道内初、無添加で完全菜食派も安心

 【函館】函館市椴法華地区産のマコンブから製造する加工食品「千切りビストロ昆布」が、動物由来の食品を一切口にしない「ビーガン」(完全菜食主義者)向け食品の認証を取得した。NPO法人ベジプロジェクトジャパン(東京)が行っている認証で、同法人によると道内では初の取得。東京五輪・パラリンピックで増加が見込まれる外国人観光客にはビーガンもおり、販売が期待できそうだ。

 千切りビストロ昆布は、千切りにしたマコンブを乾燥させ、板状に固めている。水で短時間で戻すことができ、多様な料理に使えるという。同地区のコンブ漁師岡山潤也さん(42)、琴絵さん(34)夫妻が製造している。

残り:308文字/全文:623文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る