PR
PR

JR小樽築港駅線路に車進入、列車に遅れ 600人に影響

[PR]

 【小樽】6日午後10時45分ごろ、小樽市築港のJR小樽築港駅構内で、線路内にワゴン車が進入して立ち往生しているのを通行人が見つけ、110番した。小樽署は過失往来危険の疑いで、ワゴン車を運転していた住所不定、無職川村哲夫容疑者(69)を現行犯逮捕した。

 同署によると、川村容疑者は「酒を飲んだ。道路と間違えて入った」と供述しているという。JR北海道によると、函館線の普通列車2本が最大36分遅れ、計約600人に影響が出た。

全文:211文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る