PR
PR

薄氷割ってガリガリ! 大沼公園「氷割り船」運航初日

 【大沼公園】薄氷の張った湖面を遊覧船が進む。「ガリガリガリ」。氷が割れる音が響き、振動が伝わる。乗船客から歓声が上がった。

 大沼合同遊船(小泉真社長)は6日、「氷割り船」の運航を始めた。これまで、結氷するまでの時期は運航前に遊覧船で割っていたが、氷の割れる様子が「写真映えする」(小泉社長)すると着目した。

残り:183文字/全文:337文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る