PR
PR

「こどものくに」空中観覧車 国の文化財に正式登録 函館

 函館市青柳町の遊園地「函館公園こどものくに」にある空中観覧車が5日、国の登録有形文化財に正式に登録された。同日付の官報で告示された。これで建造物の登録有形文化財は道内で150件、うち函館市内では20件となった。

 観覧車は、1950年に七飯村(現七飯町)の大沼湖畔に建設され、65年に現在の場所に移設された。高さ10メートル、直径8メートル。回転部分の鉄製の骨組みは八角形で、国内では珍しい2人乗りの長椅子型ゴンドラが8台付いている。

残り:93文字/全文:310文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る