PR
PR

半世紀ぶり ニセコにレール帰還 「簡易軌道真狩線」廃線後、鶴居で再活用 有島記念館に展示

 【ニセコ】昭和初期からニセコ―真狩間で運行し、1953年に廃線となった鉄路「簡易軌道真狩線」。廃線後、釧路管内鶴居村で再活用されたものとみられるレールが、半世紀以上の時を経てニセコ町に戻り、町内の有島記念館に展示されている。

 簡易軌道は旧国鉄よりレール幅が狭く、融雪期にぬかるむ道路に代わる交通手段として大正から昭和にかけて、道東を中心に道内各地で活躍。真狩別(現真狩村)―狩太(現ニセコ町)間では36年(昭和11年)に運行が始まり、農産物や地域住民を運んだ。53年の廃止後には、レール約2千本が鶴居村の簡易軌道「雪裡線」のレールとして転用され、同線の廃止まで運行を支えた。

残り:140文字/全文:465文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る