PR
PR

函館の魚介 外国人は買ってない? 土産の好み初調査 イメージはお菓子

 函館を訪れた外国人観光客は、日本人観光客に比べ、魚介類など函館の特産品を購入していない可能性が高いことが、函館市と函館大が初めて行った土産物の好みに関する調査で分かった。道央の洋菓子など北海道土産の定番を手にしているとみられ、市は「函館らしい商品を手にとってもらい、地域の産業振興につなげたい」とし、調査結果を基に、土産物や輸出向けの商品開発を後押しする方針だ。

 5~10月に市内のホテルや街頭で、同大の学生らが英語や中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語、日本語によるアンケート用紙を配布。外国人607人、日本人420人から回答を得て、大橋美幸准教授(地域学)が分析し、11月26日に函大で開かれた調査報告会で発表した。

残り:529文字/全文:880文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る