PR
PR

脳トレの効果を解明へ 北大研究グループ 軽度認知障害対象 MRIで活動状態検証も

 北大病院前院長の宝金(ほうきん)清博医師らのグループが、高齢者向けの「脳トレーニング」に記憶力の維持や回復などの効果があるかを検証する研究を始めた。アルツハイマー病の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の人を対象に臨床試験を行い、脳トレ実施中の脳の活動状態を画像装置などを使って調べる。グループは脳の専門家らで構成されており“北海道発”の脳トレの開発も目指すという。

 道内学習塾最大手の練成会グループ(札幌)の寄付講座で、7月に北大大学院保健科学研究院にMCIを中心に研究する研究室を立ち上げた。脳神経外科の宝金医師のほか、同研究院の大槻美佳准教授(脳神経内科)と言語聴覚士の高倉祐樹特任助教が参加しており、期間は2022年3月まで。

残り:618文字/全文:936文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る