PR
PR

様似ジン誕生 冬島産コンブで香り付け 札幌の蒸留所が限定400本製造

 【様似】道内初のジンの蒸留所を運営する北海道自由ウヰスキー(札幌市)は、高級コンブなど様似産の食材や植物で香り付けしたクラフトジン「3021 SAMANI(サマニ)」を開発した。限定400本を製造。12月から町のふるさと納税の返礼品に加わったほか、町内でも販売しており、同社は「様似に関心を持つ人が増えるきっかけになれば」と話している。

 同社は昨年4月、札幌市南区に「紅櫻蒸溜所(べにざくらじょうりゅうしょ)」を開設。ラベンダーやシイタケなど道産素材を活用したクラフトジンの製造を手掛けている。もともと、日高昆布を香料に使っていた縁で昨年、町関係者が同社へ“様似オリジナル”の開発を依頼した。

残り:362文字/全文:693文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る