PR
PR

米軍艦の香港寄港拒否 中国、人権法に報復 NGOも制裁対象

 【北京共同】中国外務省の華春瑩報道局長は2日、米国で「香港人権・民主主義法」が成立したことに対する報復措置として、米軍艦の香港寄港拒否などの措置を発表した。米国の非政府組織(NGO)も制裁対象とすると明らかにした。

 米軍の軍艦や航空機が整備などで香港に立ち寄る際に必要な審査手続きを停止した。華氏は記者会見で、米国が「中国の内政に干渉した」と非難し「香港への介入をやめるよう促す」と指摘した。

 また華氏は、複数の米国のNGOが香港の抗議活動を「さまざまな手段で支持した」として、制裁対象にしたと述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る