PR
PR

振り込め詐欺 自力対応は禁物 年末に目立つ被害 注意点は 迷わず周囲に相談を/個人情報入力慎重に

 お金が動く年末は「おれおれ詐欺」など振り込め詐欺の被害が増える時期。被害者の大半はシニア層で、専門家は「自分だけは大丈夫と思わず、周りの人に相談を」と呼びかける。詐欺の被害に遭わないための心構えなどをまとめた。

 10月末、札幌市内の80代男性宅に、警察官を名乗る女から「口座から現金が引き出されている。係の者を向かわせる」と電話があった。男性は自宅を訪れた女に銀行のキャッシュカードの確認や暗唱番号を求められ、封筒に入れてカードを渡したところすり替えられ、現金170万円を引き出された。

 札幌市内の80代女性も銀行員を名乗る男から「キャッシュカードを交換する」と電話があり、自宅でカードをすり替えられて100万円の被害に遭った。

 振り込め詐欺はおれおれ詐欺をはじめ、はがきやメールで架空のインターネット料金や訴訟の取り下げ費用などを求める「架空請求」や、税金や医療費を還付する名目で保証金を振り込ませたりする「還付金詐欺」などがある。

 被害額が大きいおれおれ詐欺は近年、家族を装って現金を振り込ませるケースとは別に、警察官や銀行員を名乗り自宅を訪れてキャッシュカードをすり替える手口などが登場。道内でも被害が相次いでいる。

残り:887文字/全文:1399文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る