PR
PR

首相、元会長との関係否定 桜見る会 ジャパンライフ招待疑惑

 安倍晋三首相は2日の参院本会議で、首相主催の「桜を見る会」に連鎖販売取引(マルチ商法)と認定された「ジャパンライフ」(東京)元会長を首相らの推薦枠で招待したとの疑惑を問われ「個人情報なので回答を控える」とした上で「(元会長と)個人的な関係は一切ない」と説明した。昭恵夫人の面識もないとした。招待者名簿の廃棄については「予定通りで野党議員の資料請求とは全く無関係」と隠蔽(いんぺい)との指摘を否定し、名簿の電子データ復元も「不可能と報告を受けている」と述べた。

 首相は元会長について「多人数の会合などで同席していた可能性までは否定しないが、一対一で会ったことはない」と説明。社民党の吉田忠智氏が、元会長が2015年の招待状を宣伝に利用したと指摘したのに対しては「一般論として、桜を見る会が企業や個人の違法、不当な活動に利用されることは決して容認できない」と述べた。

残り:364文字/全文:746文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る