PR
PR

ダイビルが「ピヴォ」買収 札幌 隣接ビル含め再開発検討か

 商船三井グループのビル賃貸大手ダイビル(大阪)は1日までに、札幌市中央区の札幌駅前通沿いの商業ビル「ピヴォ」(南2西4)を、所有している札幌市内の企業から買収した。ダイビルはピヴォに隣接する「桂和MTビル」も買収済み。テナントは今後も営業を続けるが、両ビルとも老朽化が進んでおり、ダイビルは一体的な建て替えを検討するとみられる。

 ピヴォは地上9階、地下2階建て。現在はユニクロやタワーレコードなど約50のテナントが入る。建物は1968年に「中心街デパート」として開業。73年にはダイエー札幌店が入居し、札幌市内の商業の中心を形成する施設の一角としてにぎわった。ダイエー撤退後の95年にピヴォとして改装オープンした。

残り:268文字/全文:611文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る