PR
PR

札幌・大倉山のオリンピックミュージアム改装計画 2030年冬季招致へ元選手の拠点に

 2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は、29日の市議会招致調査特別委で、メダル授与式を行う「メダルプラザ」の札幌ドーム周辺への新設を明らかにするとともに、大倉山ジャンプ競技場(中央区)の札幌オリンピックミュージアムを一部改装して元五輪選手による招致活動の拠点とする計画も示した。招致に向けた機運盛り上げにつなげたい考えだ。

 市によると、オリンピックミュージアムの2階の一室を来年3月までに改装し、道内ゆかりの元五輪選手による五輪招致活動の拠点とする。

残り:445文字/全文:679文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る